【菊池病】闘病生活のすすめ 原因不明の高熱が何の病気化判明した!その体験談を残しておきます。*広告付き

*この記事にはアフィリエイトリンクが含まれてます。

どうも!Kzumaです!
10月半ばから11月頭まで謎の高熱が続いてダウンしてました。
結論から言うと菊池病の可能性が高いとのことでした。
病名を確定させるにはリンパの一部を取り出して検査が必要な為、私は暫定菊池病ですw
解熱剤がなきゃ40度以上の熱が続いて動けないって生活を2週間以上続けてました。

目次




菊池病で2週間以上高熱が続いた


出典:UnsplashSmartworks Coworkingが撮影した写真

コロナでもないのに高熱が続いて本当に不安になりましたよ。結果的に菊池病というものとわかったので安心しました。

でも診断されたときは組織壊死性リンパ節炎って聞いたときは生きた気がしませんでしたwww

え?壊死しちゃうの?それって本当に大丈夫な病気?ねぇ!?ってなっちゃいました。

命の別状とかないから安心しましたが、長い人だと1年以上高熱が続く人もいるみたいなので更に不安になりましたよ。

私はなんとか1ヶ月経たずと熱が下がり始めてくれたので安心です。

菊池病とは。

菊池病とは

“菊池病(Kikuchi disease)
本症は、組織球性壊死性リンパ節炎 (histiocytic necrotizing lymphadenitis)、 亜急性壊死性リンパ節炎 (subacute necrotizing lymphadenitis)などとも呼ばれている、原因不明のリンパ節の腫脹・疼痛を伴う、比較的稀な良性リンパ節炎です。”
引用元:品川シーサイド皮膚・形成外科クリニック

とのことです。

私自身もきちんと把握していないので、品川クリニックさんのサイトからどのような病状なのか、引用させてもらいました!

原因がよくわかってないのが怖いですよね。でも致死率は低いので、安心しました。

ネットで「高熱 2週間以上続く」って調べると肺炎やら癌やらと出てくるのですごく不安だったんですよ。治るし、死なないってことがわかったので心底嬉しかったです。




原因不明で不安なまま過ごした2週間


出典:UnsplashAccurayが撮影した写真

最初はコロナかと思って近所の総合病院でコロナ検査をしてもらったんですよね。うわー今更コロナに掛かるとかついてないなぁって思いながら検査結果を待っていると、陰性との返答がありました。

じゃぁこれは何なんだ?ただの風邪か?って思いながら貰った薬を飲んでいました。

下がらないし治らない。病名もわからん謎の高熱。40度近く出ているのに検査の一つすらしないやばい病院に感じました。

詳しくは下に書いておこうかと思います。

近所の総合病院での出来事

近所にろくな病院がないから、総合病院選んだのに今回わかったことは、私の家の周りにはちゃんとした病院はないみたいですw

コロナと疑い検査へ

高熱が出て、乾いた咳が出始めたらコロナと疑いますよね。

コロナワクチンを接種したときのような症状は出ていたので一番にコロナを疑いましたよ。凄まじい悪寒に、超高熱(40度近く)。

ひとまず、抗原検査キットで確かめてみたところ、陰性でしたけど、全く良くならないので平日にPCRを受けに行きました。

そこで陽性ならこのようにって紙をもらい、検査結果を待っていました。そしたら陰性とのことでした。これでコロナではないと安心したんですけど、ならこの熱は何だ?って思いましたよ。

とりあえず処方された薬を飲みつつ安静にしながら様子見をしてました。

2,3日経っても熱は一向に下がらないので、不安になり病院に連絡したところ処方された薬を飲みきってから受診しろとしか言われず更に不安になりましたね。

一週間経っても治らず、再度診察してくれと言っても聞いてもらえず。

流石にこんなに治らないのはおかしい!ってことと、薬がなくなったので再度診察してくれと言ったところ、薬を処方するなら電話診察も出来ますよと言いながらその流れに持っていかれました。

高熱のせいで寝不足なのにだいぶ待たされましたね。そこで再度診察と言うか、内科でちゃんと診察してほしいことを伝えたんですけど、内科を受診したところで上気管支炎としか診断されないよって言われましたね。

もうこの時点で病院変えよって思いましたよ。行きつけの病院もなく、どこの病院に行けば良いかわからず、兄貴が行っていたクリニックにとりあえず行きましたね。




他のクリニックでの出来事

セカンドオピニオンみたいなノリで他の病院に行き、なにか糸口がつかめるんじゃないかと思いながら通いましたね。この時点で、解熱剤が切れると41度の高熱が出る状態ですw

総合病院に比べるとGoogleでの口コミは良いほうだったので変えてよかったです。先生もちゃんと話を聞いてくれますし、駄目なら駄目で他の病院を紹介してくれました。

クリニックで抗生剤を処方されたが、効果は現れず。

解熱剤で回復の方向に行かないなら抗生剤を処方するということで抗生剤を5日分もらいました。私もこれでやっと症状が軽減されて楽になるのかと思っていましたがそんなことありませんでしたねw

クリニックの先生も原因はわからないけど、解熱剤で駄目なら抗生剤を。それでも駄目なら大きい病院を紹介するからと言われましたね。結果的にこのクリニックでも治りませんでしたが、次の病院宛に紹介状を書いてくれたおかげで、スムーズに診察することが出来ました。

紹介された大きめの病院での出来事

原因も病名もわからないまま、2週間以上経っちゃっているんですから不安度マックスですよ。

高熱が続きすぎて体力もどんどん減っていき、食欲も減ってきていたので、このまま死ぬんじゃ?って最悪な事態まで想定しちゃってました。結果的にそんなことなかったんですけどねw

他の大きな病院を紹介してもらい、病名判明

大きめの病院でやっと血液検査やCTを撮って病名が判明しましたよ。血液検査やCTの結果から見て菊池病ですねって言われました。

私の頭の中は??になりました。何だその病名は。

そして正式名称を聞いて更に????ってなりましたよ。病名に壊死性リンパ節炎。壊死性って言われたんですよ。え?腐って行くの!?それ大丈夫!?え?原因はわかってない? ん????

もうぷちパニックですwww

そして先生の話をちゃんと聞くと壊死性とついていますけど、良性なので問題はない。だいたい1ヶ月の発熱が続くみたいで、長い人だと1年続く場合もあるって言われましたね。

何ヶ月も続く場合はステロイド系で治療に当たると言われましたね。

そして私の場合はまだ焦ってステロイドを使って治療する必要はないよって優しく教えてもらいました。その時は発熱して2週間以上3週間未満くらいだったので、来週には良くなっているかもね。とも言われたので様子見を見てたらあら不思議。

今までの熱が嘘のように引いて平熱まで下がってしまいましたwwww

来週にもう一度病院に行き、これからどう対応していくのか決まると思います。再発したら来てくださいね。って流れになると思います。

その時の結果を持ってこの記事の完成とさせて貰いますね!




菊池病のときの私の体調

もしかして菊池病で私のブログにたどり着いた人に向けて、熱が下がるまでの私の症状を書いておこうかと思います。

10月15日(土)の夜に発熱を確認。38.8度。 コロナを疑いつつ土日だからとりあえず寝る。

翌日は若干の悪寒を感じつつ目が冷めて、体温を測ると39.3度の発熱を確認。市販薬の解熱剤を飲み、熱を下げて抗原検査キットでコロナ判定をしたら、陰性で問題無し。

検査薬は実験用だから、ちゃんとしたPCRを受けても陰性。ここから私の謎の高熱の戦いが始まったw

総合病院で処方されたロキソニンを医師の指示通り飲んでいた。朝昼晩1錠ずつ飲んでいた。

このサイクルで飲むと朝4時過ぎにはロキソニンの効果がなくなり、徐々に体温が上がり、悪寒が強くなり始めた。

悪寒と暑さによって目が覚めるが、体を動かすのが億劫で中々ベッドから出れない。なんとか這い出して体温を測ると40度超えの発熱を確認。

ヨーグルトを食べてすぐに解熱剤のロキソニンを飲んで熱を下げる作業。

飲みはじめて一時間経たずに悪寒が止み、2時間かけて平熱まで熱を下げてくれる。ロキソニンの効果で発汗が激しくなり、汗の量がかなり多くなる。3時間経つと普通に行動できるようになるけど、高熱よる目の上の痛さがまだ気になる。

4時間以降から健康体だったときと同じことが出来るようになり、問題なく過ごせるけど、必ず夜中に薬が切れて明け方付近で目を覚ますサークルを一週間以上続けてた。

別のクリニックで抗生剤を5日分処方してもらっても効果は現れなかった。抗生剤でも熱が下がると聞いてロキソニンを飲まなかったら40度の熱が出て慌てて飲んだ記憶があるw

抗生剤も効果がなかったから大きな病院を紹介してもらい血液検査やCTを撮って詳しく調べて貰った。ここでやっと菊池病ってことがわかった。

1ヶ月近く熱が続くのが特徴の病気で、私の日数からすると来週には熱が下がり始めるんじゃないかと言われた。次の日から熱が下がり(39.3度)、38.5度まで下がった。

3日目にはロキソニンを飲まなくても平熱の37度台まで下がってくれたので、心から安著している。

もしかしたら、病名を知ったことによって原因不明で謎な病気で死ぬんじゃないかと思っていた状態から、治療可能で死ぬ可能性が極めて低いってことがわかったから下がったんじゃ?って思っているwww

まとめ

いやーきつい2週間でしたよ。いきなりの高熱で薬が切れると現れる激しい悪寒。体温が40度近くあるのに掛毛布をかぶり、丸まらなきゃ耐えられない悪寒。寒いのに暑いという矛盾に苦しめられました。

コロナの検査やら解熱剤やら診察代やら血液検査代で2万以上吹っ飛びました。まぁ入院するほどの病気じゃなかったことが幸いでしたね。

何もしてくれない病院からはさっさと手を引いてちゃんと見てくれる病院に変えることを強くおすすめします。ろくな診察をしない病院に鉄槌を!

総合病院がちゃんと診察してくれればもっと早くわかっていたんじゃないかと思ってます。

それじゃ私の2週間以上の高熱との戦いをここに綴り、誰かのためになることを願ってます。

健康バンザイ!ばいばい↑!

     

SNSでもご覧ください。

スポンサーリンク

コメントを残す

*