【必見】大学生の一人暮らし 押さえておきたい4つのPoint

 どうも!kzumaです! 大学生活4年間を一人暮らしで過ごした経験から今回の記事を書いていきたいと思います

 新生活で不安がたくさんあると思いますが、安心してください。初めだけです。

 1,2か月も経てば慣れてくるし、楽しいことがたくさんありますよ。

それでは、本文へどうぞ!



目次

  1. 一人暮らしするには?
  2. 最初にかかる費用は?
  3. 何をそろえておけばいい?
  4. 1月あたりの生活費は?
  5. まとめ

一人暮らしするには?

 一人暮らしと言っても大学生だといくつかの選択肢があると思います。学生寮に入るのもいいし、アパートを借りるのでもいいし、なんならシェアハウスをしてみるのも楽しそうですね。

 今回はアパートを借りて一人暮らしを始めていく方法について書いていきたいと思います。

  • ①物件サイト*→ ②物件決定*→ ③不動産→ ④内見→ ⑤契約→ ⑥引っ越し

って流れが一般的だと思います。*大学が周辺の物件を紹介してくれることもあります

 私は大学で紹介してくれることを知らずに、H〇ME‘s、SU〇MOなどの物件サイトから大学周辺で探しました。

 検索例として、大学名 + アパートor寮 + 自分の家賃予算って検索すれば大体出てきます。

 住む場所も決まったら、あとは引っ越し業者に頼むか、それとも自力で引っ越し作業をするのか決めることですね。

 ちなみに私は、自分でレンタカーを借りて引っ越し作業をしました!

 実家から持っていくものが極端に少なかったこともあって業者に頼む必要性を感じませんでした

 引っ越しに掛かった費用も半日レンタカーを借りるだけの代金で済みました。

約一万円くらいですかね

最初にかかる費用は?

 最初に掛かる費用は物件によって変わってきます。そうです、敷金礼金で変わってくるんです。

 基本的に1,2か月分取られるのが普通見たいですけど、最近は敷金礼金0が売りの物件もたくさんあります。

 もちろん、私は敷金礼金0でアパートを借りました。なにも知らずに、詳しく調べずにそのまま不動産に電話して、オープンキャンパスに合わせて内見予約をぶちこみましたよ。

 不動産のよくある手に引っ掛かりそのまま契約して4年間住みましたよ。

 よくある手と言うのが、今決めなきゃ取られちゃいますよ、もう一人検討してる人がいますがここで契約するなら先に抑えれますよ?などです。

 まぁ、大学からも近かったから後悔はしてませんがね!

 っとと、脱線しちゃいましたね。

 話を敷金礼金に戻してと、「敷金・礼金0で入居すれば家賃だけで済むじゃん」と当時の私はそう思っていたんです。実際にはそんなことはなかったんですけどね。

入居前から10万越えの出費でした。

なにも知らない私は、え?敷金・礼金0とは? 新築アパートだよな?クリーニング代?え?家賃先払い? 高くね?なんなん?

って心境で契約内容を聞いてましたwww

*これは私が実際に借りたときの話なので、他の物件に当てはまるかは、わかりませんが参考程度にしてください!

 ここまでに大体12万円くらいかかってますね。実質3か月分支払っていますよ。そんなに世間は甘くないんだなって再認識した日でした。

 ここまでが大体入居前の契約時にする話ですね。

 ここからは入居後の初期費用も出しておきたいと思います。

ざっとこのくらいの物が必要になってくるんですよね

 家具もオシャレさんを目指したら一体いくらかかるのだろうか。

 家電は洗濯機、冷蔵庫、レンジは最低で用意しておきたいです

 私のアパートはプロパンガスだったために最初に1万5千円くらい取られましたよ

 回線も新生活スタート時は工事にも時間がかかりますから、元から回線が引かれてる物件に住むのもいいかもです。

 私の場合は一人暮らしに向けて買ったのは布団と冷蔵庫と洗濯機くらいです。あとは日曜雑貨を用意しただけです。

 全部新品で揃えれるほどのお金もなかったので安く済ませようと中古品を探して安く済ませましたよ。友達の伝手で探してもらったため、3万くらいで済んだため大変助かりました! ありがとう!友よ!

何をそろえておけばいい?

 言わずもがな、家電類は確実に要りますね。洗濯物を干すためにも洗濯道具を一式、軽く掃除のために掃除具一式、自炊などもするなら調理器具一式があればしばらくは生活できすよ!あ、カーテンも忘れずに買いましょうね!4千円くらいで変えますし

 家電類は冷蔵庫、洗濯、レンジがあれば生活には困りません。

 洗濯道具は物干し、洗剤、洗濯ハンガーがあればいいです。3千円もあれば揃う

 掃除用具なんて掃除機と雑巾があれば十分です。安いサイクロン式の掃除機で十分5千円くらい

 調理器具もフライパン、包丁、まな板があれば良いです。これもまたホームセンターで3千円もあれば揃います

 合計1万5千円ちょいで生活をスタートできますね。

 最初に全部揃えてしまうしまうと後々の楽しみが減ってしまうかもだからそこそこで抑えていくこともおすすめしますよ!←ポジティブ思考(笑)

1月当たりの生活費は?

 ここまで色々契約やら費用やらを述べてきましたが、実際に月当たりではどのくらいかかるの?って思いますよね。ここから一月当たりの費用を纏めてみたいと思います!

 まず、何に支払いは生じるのかまとめてみましょう

 計                         10万4千円なり 

固定費で6万円掛かり、変動費として残りが来る感じですね。

私の場合は食費が高くなってますが、毎日外食していたため額が跳ね上がっています。

自炊をすれば更に減らしていけるだろうけど、料理をする気力がなくて基本的に外食しました。

こんなに月あたりに掛かっていたので必死でバイトをしてました。それでも月13.4万くらいしか稼げないから歯がゆい思いでしたけどね。

まとめ

  • 一人暮らしするには?
    →物件を大学付近で探して不動産へGo!

    ・最初にかかる費用は?
    →敷金礼金0でも金は掛かるから30万くらい用意しておくべし

    ・何をそろえておけばいい?
    →冷蔵庫、洗濯機、レンジ、掃除用具、水回りの物一式あればよし!あと寝具もね

    ・1月あたりの生活費は?
    →自炊をしない限り、月10万以上は飛んでいくと思え

仕送り無しだと、学生ではなく正社員をしながら大学に行くみたいな時間の使い方しかできなかった!

今回はこの辺にしておきますね。それでは、また今度!

     

SNSでもご覧ください。

スポンサーリンク

コメント

コメントを残す

*